2014年11月 記事一覧

  • 【スポンサー広告】スポンサーサイト (--/--/--)
  • 【SAP拡張】出荷伝票BAdI 伝票入力チェック (2014/11/30)[LE_SHP_DELIVERY_PROC] DELIVERY_FINAL_CHECK 概要 出荷伝票の保存前に実行されるBAdIです。出荷伝票保存時の入力チェックの用途で利用されます。 パラメータ 出荷伝票のテーブル構成に近い形でパラメータも構成されています。X系の変数には現在の項目値が格納され、Y系の変数には変更モードでの変更前の値が格納されています。 入力チェック後のエラーメッセージはCT_FINCHDELのパラメータに設定します。 パラメータ一...
  • 【SAP拡張】出荷伝票BAdI 画面ボタン無効化 (2014/11/29)[LE_SHP_DELIVERY_PROC] CHANGE_FCODE_ATTRIBUTES 概要 出荷伝票の画面のボタン属性の設定時に実行されるBAdIです。出荷画面の任意のボタン機能を無効に変更することができます。 パラメータ 出荷伝票に関するパラメータと無効機能(CT_CUA_EXCLUDE)を設定するパラメータがあります。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 ImportingIS_V50AGL制御構造 IF_TRTYPトランザクションタイプ IF_TCODEトランザクションコード IF...
  • 【SAP拡張】出荷伝票BAdI 画面項目属性変更 (2014/11/28)[LE_SHP_DELIVERY_PROC] CHANGE_FIELD_ATTRIBUTES 概要 出荷伝票の画面項目属性の設定時に実行されるBAdIです。ステータスに応じて画面項目を入力不可に変更する等、画面項目の属性を変更することができます。 パラメータ 出荷伝票に関するパラメータと画面属性(CT_FIELD_ATTRIBUTES)に関するパラメータがあります。明細行ごとにBAdIが実行され、出荷明細(IS_LIPS)には現在の行の出荷明細が設定されます。 パラメータ一覧 ...
  • 【SAP拡張】出荷伝票EXIT 保管場所初期設定 (2014/11/27)[V02V0002] EXIT_SAPLV02V_002 概要 保管場所の初期提案用に出荷伝票登録時に実行されるCustomer EXITです。出荷伝票タイプのピッキング場所決定のカスタマイズでMALA、RETA、MARE以外を設定するとこのEXITが実行されます。 パラメータ 保管場所(EF_LGORT)を設定するための保管場所決定(IF_LAGOF)があります。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートIF_LAGOF一般インタフェース: 保管場所決定 エクスポートEF_LG...
  • 【SAP拡張】出荷伝票BAdI 明細項目設定 (2014/11/26)[LE_SHP_DELIVERY_PROC] CHANGE_DELIVERY_ITEM 概要 出荷伝票明細の項目に値を設定する時に実行されるBAdIです。出荷伝票明細の項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ 出荷伝票のテーブル構成に近い形でパラメータも構成されています。(出荷ヘッダ、明細、取引先機能など) X系の変数には現在の項目値が格納され、Y系の変数には変...
  • 【SAP拡張】出荷伝票BAdI ヘッダ項目設定 (2014/11/25)[LE_SHP_DELIVERY_PROC] CHANGE_DELIVERY_HEADER 概要 出荷伝票ヘッダの項目に値を設定する時に実行されるBAdIです。出荷伝票ヘッダの項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ 出荷伝票のテーブル構成に近い形でパラメータも構成されています。(出荷ヘッダ、明細、取引先機能など) X系の変数には現在の項目値が格納され、Y系の変数...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT 伝票保存後処理 (2014/11/23)[MV45AFZZ] USEREXIT_SAVE_DOCUMENT 概要 販売伝票の保存処理後に実行されるUSEREXITです。受注伝票保存後にアドオンテーブルへデータを登録する等の使い方ができます。このEXITで販売伝票の値を更新をしても販売伝票のテーブルには反映されません。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVBAK(販売伝票ヘッダ)とXVBAP(販売伝票明細)などです。X系の変数には現在の...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT 伝票保存前処理 (2014/11/22)[MV45AFZZ] USEREXIT_SAVE_DOCUMENT_PREPARE 概要 販売伝票の保存前に実行されるUSEREXITです。販売伝票保存時の入力チェックや項目値の自動設定などの用途で利用されます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVBAK(販売伝票ヘッダ)とXVBAP(販売伝票明細)などです。X系の変数には現在の項目値が格納され、Y系の変数には変更モードでの変更前の値が格納されていま...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT 画面項目属性変更 (2014/11/21)[MV45AFZZ] USEREXIT_FIELD_MODIFICATION 概要 販売伝票の画面項目属性の設定時に実行されるUSEREXITです。ステータスに応じて画面項目を入力不可に変更する等、画面項目の属性を変更することができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 VBAK(販売伝票ヘッダ)やSCREEN(画面項目)などの変数を利用します。 主な変数 種別パラメータ説明 変数VBAK販売伝票ヘッダ XV...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT BAPI用納入日程行項目設定 (2014/11/20)[MV45AFZB] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBEPKOM 概要 BAPIから販売伝票納入日程行を更新する場合に実行されるUSEREXITです。 主に、受注伝票登録BAPI等でパラメータの構造に含まれていない項目の値を設定する場合に使います。EXTENSIONINパラメータで項目値を投入して、このEXITで内部変数に値を直接設定することができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVB...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT BAPI用明細項目設定 (2014/11/18)[MV45AFZB] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBAPKOM 概要 BAPIから販売伝票明細を更新する場合に実行されるUSEREXITです。 主に、受注伝票登録BAPI等でパラメータの構造に含まれていない項目の値を設定する場合に使います。EXTENSIONINパラメータで項目値を投入して、このEXITで内部変数に値を直接設定することができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVBAP(販...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT BAPI用ヘッダ項目設定 (2014/11/17)[MV45AFZB] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBAKKOM 概要 BAPIから販売伝票ヘッダを更新する場合に実行されるUSEREXITです。 主に、受注伝票登録BAPI等でパラメータの構造に含まれていない項目の値を設定する場合に使います。EXTENSIONINパラメータで項目値を投入して、このEXITで内部変数に値を直接設定することができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVBAK(...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT ビジネスデータ項目設定 (2014/11/16)[MV45AFZZ] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBKD 概要 販売伝票ビジネスデータの項目に値を設定する時に実行されるUSEREXITです。販売伝票ビジネスデータの項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 VBKD(販売伝票ビジネスデータ)とSVBKD(ビジネスデータレコードの...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT 納入日程行項目設定 (2014/11/14)[MV45AFZZ] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBEP 概要 販売伝票の納入日程行の項目に値を設定する時に実行されるUSEREXITです。納入日程行の項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 VBEP(販売伝票納入日程行)とSVBEP(納入日程行レコードの登録/変更区分)などの...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT 明細項目設定 (2014/11/13)[MV45AFZZ] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBAP 概要 販売伝票明細の項目に値を設定する時に実行されるUSEREXITです。販売伝票明細の項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 VBAP(販売伝票明細)とSVBAP(明細レコードの登録/変更区分)などの変数を利用します。 ...
  • 【SAP拡張】販売伝票EXIT ヘッダ項目設定 (2014/11/12)[MV45AFZZ] USEREXIT_MOVE_FIELD_TO_VBAK 概要 販売伝票ヘッダの項目に値を設定する時に実行されるUSEREXITです。販売伝票ヘッダの項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。 パラメータ パラメータはありませんが、販売伝票画面のグローバル変数が利用可能です。 主な変数はVBAK(販売伝票ヘッダ)とSVBAK(ヘッダレコードの登録/変更区分)です。 ...
プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。