2015年03月 記事一覧

  • 【スポンサー広告】スポンサーサイト (--/--/--)
  • 【BAPI】旧資産データ登録BAPI (2015/03/18)BAPI_FIXEDASSET_OVRTAKE_CREATE 概要 移行用に固定資産を登録するBAPIです。固定資産移行用の旧資産マスタ登録画面(AS91)と同様の動作をします。 実行前に固定資産移行用のカスタマイズ設定になっている必要があります。 パラメータ 固定資産マスタのデータ構成に近い形でBAPIのパラメータも定義されています。 移行用のため過去の償却金額も設定可能です。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートKEY登録予定...
  • 【BAPI】資産マスタ登録BAPI (2015/03/16)BAPI_FIXEDASSET_CREATE1 概要 固定資産マスタを登録するBAPIです。固定資産マスタ登録画面(AS01)と同様の動作をします。 必須項目が未設定でも不完全状態で登録することができます。 パラメータ 固定資産マスタのデータ構成に近い形でBAPIのパラメータも定義されています。 パラメータは非常に多いですが、資産マスタ登録画面のように、登録予定資産のキー、一般データ、転記情報、時間依存パラメータ等の項目と対応する...
  • 【BAPI】固定資産反対仕訳BAPI (2015/03/14)BAPI_ASSET_REVERSAL_POST 概要 固定資産伝の取得や除却などの取引の反対仕訳をするBAPIです。 パラメータ 反対仕訳を行うオリジナル伝票参照に参照情報を設定し、伝票反対仕訳データに転記日や反対仕訳理由などを設定します。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートORIGINDOCREFERENCEオリジナル伝票参照 ORIGINALDOCUMENTKEY会計管理の伝票キー REVERSALDATA伝票反対仕訳データ エクスポートDOCUMENTREFEREN...
  • 【BAPI】固定資産除却BAPI (2015/03/12)BAPI_ASSET_RETIREMENT_POST 概要 固定資産の除却をするBAPIです。固定資産の除却画面とほぼ同じ処理ができます。 実行することで会計伝票が作成され、廃棄の場合は費用勘定、売却の場合は固定資産の仮勘定の仕訳が生成されます。 パラメータ 除却する固定資産を指定するパラメータと除却資産の金額を設定するパラメータがあり、設定必須となっています。任意項目としてソートキーや参照伝票番号などの追加情報も設定可能です...
  • 【BAPI】固定資産取得BAPI (2015/03/10)BAPI_ASSET_ACQUISITION_POST 概要 固定資産の取得をするBAPIです。固定資産の取得(ABZON)とほぼ同じ処理ができます。 実行することで会計伝票が作成され、取得した資産の勘定と固定資産の仮勘定の仕訳が転記されます。 パラメータ 取得する固定資産を指定するパラメータと取得資産の金額を設定するパラメータがあり、設定必須となっています。任意項目としてソートキーや参照伝票番号などの追加情報も設定可能です。 パラ...
  • 【記事インデックス】汎用モジュール記事一覧 (2015/03/08)概要 SAPの汎用モジュールに関するブログ記事の索引です。 リリース済みで今までに検証したことがある汎用モジュールを主に解説しています。 汎用モジュール一覧 分類機能汎用モジュール名称 共通 番号範囲 次番号割当NUMBER_GET_NEXT 番号範囲 番号範囲内チェックNUMBER_CHECK 番号範囲 番号情報取得NUMBER_GET_INFO SAP Scriptテキスト読込READ_TEXT SAP Scriptテキスト保存SAVE_TEXT 変更履歴伝票読込CHANGEDOCUME...
  • 【汎用モジュール】汎用M 外部コマンド実行 (2015/03/07)SXPG_CALL_SYSTEM 概要 定義済みの外部コマンドを実行する汎用モジュールです。OSのシェルコマンド等、カスタマイズで定義済みの外部コマンドを実行することができます。 パラメータ 主なパラメータは、外部コマンドの名称(COMMANDNAME)と外部コマンドの引数(ADDITIONAL_PARAMETERS)です。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートCOMMANDNAME外部コマンドの名称 ADDITIONAL_PARAMETERS外部コマンドの引数 TRACE...
  • 【汎用モジュール】汎用M 物理ファイル名取得 (2015/03/05)FILE_GET_NAME 概要 指定した論理ファイル名から物理ファイル名を取得する汎用モジュールです。論理ファイル名と物理ファイル名の定義はT-code: FILEの画面で設定された値が取得されます。 パラメータ 主なパラメータは論理ファイル名(LOGICAL_FILENAME)とPARAMETER_1~3(変数用パラメータ)です。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートCLIENTファイル名テーブル読込のクライアント LOGICAL_FILENAME論理ファイ...
  • 【汎用モジュール】汎用M ALV項目カタログ作成 (2015/03/03)REUSE_ALV_FIELDCATALOG_MERGE 概要 指定した構造名の項目を持つALV用項目カタログを作成する汎用モジュールです。作成した項目カタログデータはALVグリッド表示の汎用モジュールで使用します。 パラメータ 主なパラメータは構造名(I_STRUCT_NAME)、項目カタログ(CT_FIELDCAT)の2つです。 パラメータ一覧 種別パラメータ説明 インポートI_PROGRAM_NAME内部テーブル宣言プログラム I_INTERNAL_TABNAME出力テーブル名 I_...
  • 【汎用モジュール】汎用M ALVグリッド表示 (2015/03/01)REUSE_ALV_GRID_DISPLAY 概要 ALVグリッド一覧画面を表示をする汎用モジュールです。ALVの表示方法に関する設定を多数あるパラメータで指定することができます。 パラメータ 主なパラメータは、内部テーブル構造名(I_STRUCTURE_NAME)と表示されるデータのテーブル(T_OUTTAB)です。 T_OUTTABの表示項目名等は自動認識されないため、ALV表示用の項目カタログを設定する必要があります。内部テーブル構造名のパラメータを設定...
プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。