スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汎用M ダイアログ表示

POPUP_TO_CONFIRM

概要

GUI画面に「はい」「いいえ」の確認ダイアログを表示する汎用モジュールです。ダイアログに表示されるボタンのテキストは設定することができます。

パラメータ

主なパラメータは、質問テキスト、第1 押ボタンのテキスト、第2 押ボタンのテキストです。その他にアイコンやタイトルバーの文字も設定することができます。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
インポートTITLEBARダイアログボックス表題
DIAGNOSE_OBJECT診断テキスト(SE61による更新)
TEXT_QUESTIONダイアログボックス内の質問テキスト
TEXT_BUTTON_1第1 押ボタンのテキスト
ICON_BUTTON_1第1 押ボタンのアイコン
TEXT_BUTTON_2第2 押ボタンのテキスト
ICON_BUTTON_2第2 押ボタンのアイコン
DEFAULT_BUTTONカーソル位置
DISPLAY_CANCEL_BUTTON取消押ボタン表示用のボタン
USERDEFINED_F1_HELPユーザ定義F1ヘルプ
START_COLUMNPOPUPの開始列
START_ROWPOPUPの開始行
POPUP_TYPEアイコンタイプ
IV_QUICKINFO_BUTTON_1第1 押ボタンのクイックインフォ
IV_QUICKINFO_BUTTON_2第2 押ボタンのクイックインフォ
エクスポートANSWERリターンコード: '1'、'2'、'A'
テーブルPARAMETERテキスト転送テーブル(テキスト内パラメータ用)
例外TEXT_NOT_FOUND診断テキストなし

インポートパラメータを設定する

ダイアログボックス内の質問テキスト(TEXT_QUESTION)、第1 押ボタンのテキスト、第2 押ボタンのテキストを設定します。取消押ボタン表示用のボタン(DISPLAY_CANCEL_BUTTON)にXを設定することで「中止」ボタンも表示されます。
設定例:インポートパラメータ
項目項目名称設定値
TEXT_QUESTION質問テキスト実行しますか?
TEXT_BUTTON_1第1 押ボタンのテキストはい
TEXT_BUTTON_2第2 押ボタンのテキストいいえ

サンプルコード

確認ダイアログを表示する例です。
DATA: LV_TEXT_QUESTION TYPE STRING,
      TEXT_BUTTON_1    TYPE TEXT8,
      TEXT_BUTTON_2    TYPE TEXT8,
      LV_ANSWER        TYPE CHAR1.

* パラメータに値を設定する
LV_TEXT_QUESTION = '実行しますか?'. " 質問テキスト
LV_TEXT_BUTTON_1 = 'はい'.           " 第1 押ボタンのテキスト
LV_TEXT_BUTTON_2 = 'いいえ'.         " 第2 押ボタンのテキスト

CALL FUNCTION 'POPUP_TO_CONFIRM'
  EXPORTING
    TEXT_QUESTION     = LV_TEXT_QUESTION
    TEXT_BUTTON_1     = LV_TEXT_BUTTON_1
    TEXT_BUTTON_2     = LV_TEXT_BUTTON_2
  IMPORTING
    ANSWER            = LV_ANSWER
  EXCEPTIONS
    TEXT_NOT_FOUND    = 1
    OTHERS            = 2
  .

* 正常の場合
IF SY-SUBRC = 0.
* 「はい」の場合
  IF LV_ANSWER = 1. 
*    処理続行
  ENDIF.
ENDIF.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

このブログを気に入って頂いた方は、リンクを張っていただけると嬉しいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。