スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会計転記BAPIで備忘明細を登録する方法

概要

会計伝票転記のBAPIのBAPI_ACC_DOCUMENT_POSTでは備忘明細を登録することはできませんが、Open FIのロジックを作成することで対応可能になります。

通常は、このBAPIのパラメータには伝票ヘッダの伝票ステータス(BSTAT)を指定することができないため備忘明細を登録できませんが、Open FI のRWBAPI01のロジックでBAPIから渡されたEXTENSION1のパラメータに応じて以下の会計伝票の変数を書き換えることで備忘明細が登録できるようになります。

ACCHD-GLVOR = ‘RFST‘.
ACCIT-BSTAT = ‘S‘.
ACCIT-BSCHL = ‘39‘.
ACCIT-UMSKZ = ‘F‘.
ACCIT-ZUMSK = ‘A‘.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。