スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利益センタマスタ登録BAPI

BAPI_PROFITCENTER_CREATE

概要

利益センタマスタを登録するBAPIです。

パラメータ

利益センタ、有効開始日付、有効終了日、基本データの転送構造が主なパラメータです。利益センタに対する会社コードを制限する場合は、会社コードテーブル(COMPANYCODES)に会社コードを設定します。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
インポートPROFITCENTERID利益センタ構造対象キー
VALIDFROM有効開始日付
VALIDTO有効終了日
BASICDATA基本データの転送構造
ADDRESSアドレスの転送構造
COMMUNICATION通信の転送構造
INDICATORSフラグの転送構造
TESTRUNテスト実行
LANGUAGE利益センタテキストを保存する言語
エクスポートCONTROLLINGAREA管理領域
TESTRUN区分: テスト実行
MASTER_DATA_INACTIVEマスタデータの無効化
テーブルCOSTCENTERLIST登録対象の原価センタ一覧

インポートパラメータを設定する

必須項目として利益センタ構造対象キー、有効開始日付、有効終了日の項目を設定します。言語(LANGUAGE)には、利益センタテキストの言語を設定します。
設定例:PROFITCENTERID
項目項目名称設定値
CO_AREA管理領域1000
PROFIT_CTR利益センタP001
設定例:LANGUAGE
項目項目名称設定値
LANGU言語キーJ

基本データのパラメータを設定する

基本データ(BASICDATA)には、原価センタ、有効開始日、有効終了日、責任者、標準階層などを設定します。
設定例:BASICDATA
項目項目名称設定値
PRCTR_NAME一般名称○○部
LONG_TEXTテキスト(長)○○部
IN_CHARGE利益センタ責任者XXXXXX
PRCTR_HIER_GRP利益センタエリア0001

サンプルコード

通常の汎用モジュールを実行するのと同様にCALL FUNCTIONで実行します。利益センタマスタ登録のBAPIの内部ではコミットされないため、正常終了時は明示的にコミットを実行する必要があります。

BAPIは例外を発生させない仕様なので、エラー判定はRETURNパラメータにメッセージタイプが「E」のレコードがあるかどうかで判定をします。
DATA: LS_PROFITCENTERID  TYPE BAPI0015ID2,
      LV_VALIDFROM       TYPE BAPI0015_3-DATE,
      LV_VALIDTO         TYPE BAPI0015_3-DATE,
      LS_BASICDATA       TYPE BAPI0015_4,
      LS_LANGUAGE        TYPE BAPI0015_10,
      LV_PROFITCENTER    TYPE BAPI0015ID2-PROFIT_CTR,
      LV_CONTROLLINGAREA TYPE BAPI0015ID2-CO_AREA,
      LT_COMPANYCODES    TYPE TABLE OF BAPI0015_7,
      LS_RETURN          TYPE BAPIRET2.

* パラメータに値を設定する
LV_PROFITCENTERID-CO_AREA    = '1000'.     " 管理領域
LV_PROFITCENTERID-PROFIT_CTR = 'P001'.     " 利益センタ
LV_VALIDFROM                 = '20100401'. " 有効開始日
LV_VALIDTO                   = '99991231'. " 有効終了日
*             :
*          (以下略)

CALL FUNCTION 'BAPI_PROFITCENTER_CREATE'
  EXPORTING
    PROFITCENTERID       = LS_PROFITCENTERID
    VALIDFROM            = LV_VALIDFROM
    VALIDTO              = LV_VALIDTO
    BASICDATA            = LS_BASICDATA
    LANGUAGE             = LS_LANGUAGE
  IMPORTING
    RETURN               = LS_RETURN
    PROFITCENTER         = LV_PROFITCENTER
    CONTROLLINGAREA      = LV_CONTROLLINGAREA
  TABLES
    COMPANYCODES         = LT_COMPANYCODES
  .

* エラーメッセージがない場合
IF LS_RETURN-TYPE <> 'E'.
  COMMIT WORK AND WAIT.
ELSE.
  ROLLBACK WORK.
ENDIF.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。