請求伝票EXIT ヘッダ明細項目設定

[RV60AFZC] USEREXIT_FILL_VBRK_VBRP

概要

請求伝票の項目に値を設定する時に実行されるUSEREXITです。請求伝票の項目に初期値を設定したり、入力項目に応じてアドオンテーブルから値を設定するロジックを組み込む等の使い方ができます。

パラメータ

パラメータはありませんが、請求伝票画面のグローバル変数が利用可能です。
主な変数はVBRK(請求伝票ヘッダ)とVBRP(請求伝票明細)です。
主な変数
種別パラメータ説明
変数VBRK請求伝票ヘッダ
VBRP請求伝票明細

実行タイミング

請求伝票登録画面で実行されます。
参照元伝票から請求伝票の作成が行われるタイミングでこのEXITが実行されます。

サンプルコード

請求伝票タイプがF2の場合のみ実行するEXITの例です。
請求伝票ヘッダの勘定設定グループが未設定の場合は「01」を初期提案します。
*---------------------------------------------------------------------*
*       FORM USEREXIT_FILL_VBRK_VBRP                                  *
*---------------------------------------------------------------------*
*       This userexit can be used to fill fields in VBRK and VBRP     *
*       Be aware, that at this time the workareas KUAGV KURGV         *
*       KUWEV and KUREV are not filled.                               *
*       This form is called from Form VBRK_VBRP_FUELLEN.              *
*---------------------------------------------------------------------*
FORM USEREXIT_FILL_VBRK_VBRP.

* 請求伝票タイプがF2の場合
  IF VBRK-AUART = 'F2'.
    IF VBRK-KTGRD IS INITIAL.
      VBRK-KTGRD = '01'.   " 勘定設定グループを設定
    ENDIF.
  ENDIF.

*  Example: change Tax country
*  VBRK-LANDTX = T001-LAND1.

ENDFORM.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク