スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発注伝票BAdI 入力チェック

[ME_PROCESS_PO_CUST] CHECK

概要

発注伝票の保存前に実行されるBAdIです。発注伝票保存時の入力チェックの用途で利用されます。

パラメータ

パラメータは発注ヘッダクラスと仮保存、未転記のフラグです。発注ヘッダクラスのGET_DATAメソッドを実行して発注ヘッダデータを取得します。入力チェックでエラーにする場合はCH_FAILEDにXを設定します。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
ImportingIM_HEADER発注ヘッダクラス
IM_HOLD仮保存
IM_PARK未転記
ChangingCH_FAILEDエラー

実行タイミング

発注伝票登録・変更画面で実行されます。
保存ボタン押下時やチェックボタン押下時にこのBAdIが実行されます。

サンプルコード

購買伝票タイプがNBの場合のみ実行するBAdIの例です。
発注伝票ヘッダの参照コードが未設定の場合はエラーを表示します。

ENJOY画面にエラーを表示させるためには、SAP標準のマクロをインクルードしてMMPUR_MESSAGEを利用する必要があります。
method IF_EX_ME_PROCESS_PO_CUST~CHECK.

  INCLUDE MM_MESSAGE_MAC.

  DATA LS_MEPOHEADER TYPE MEPOHEADER.

* 発注ヘッダ取得
  LS_MEPOHEADER = IM_HEADER->GET_DATA( ).

* 購買伝票タイプがNBの場合
  IF LS_MEPOHEADER-BSART = 'NB'.
    IF LS_MEPOHEADER-IHREZ IS INITIAL.
*     ME21N画面にエラーメッセージ表示
      MMPUR_MESSAGE 'E' 'Z001' '004' '' '' '' ''.
    ENDIF.
  ENDIF.

endmethod.

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

このブログを気に入って頂いた方は、リンクを張っていただけると嬉しいです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。