スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

請求書伝票BAdI 支払条件設定

[MRM_PAYMENT_TERMS] PAYMENT_TERMS_SET

概要

請求書照合画面(MIRO)で項目に値を設定する時に実行されるBAdIです。ヘッダの支払基準日系の項目に初期値を設定することができます。

パラメータ

主なパラメータは請求書伝票ヘッダ(I_RBKPV)と請求書伝票明細(TI_DRSEG)です。支払条件関連の項目を設定することができます。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
ImportingI_RBKPV請求書伝票ヘッダ
TI_DRSEG請求書伝票明細
ChangingE_ZFBDT支払基準日
E_ZBD1T割引日数1
E_ZBD1P割引率1
E_ZBD2T割引日数2
E_ZBD2P割引率2
E_ZBD3T割引期日
E_ZLSPR支払保留キー

実行タイミング

請求書照合画面(MIRO)で実行されます。
購買発注の明細を読み込んだタイミングでこのBAdIが実行されます。

サンプルコード

支払基準日を設定するBAdIの例です。支払基準日に画面入力時のシステム日付を設定します。
method IF_EX_MRM_PAYMENT_TERMS~PAYMENT_TERMS_SET.

* 支払基準日にシステム日付を設定
  E_ZFBDT = SY-DATUM.

  E_ZBD1T = I_RBKPV-ZBD1T.
  E_ZBD1P = I_RBKPV-ZBD1P.
  E_ZBD2T = I_RBKPV-ZBD2T.
  E_ZBD2P = I_RBKPV-ZBD2P.
  E_ZBD3T = I_RBKPV-ZBD3T.
  E_ZFSPR = I_RBKPV-ZBSPR.

endmethod.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。