請求書伝票BAdI 伝票保存前処理

[INVOICE_UPDATE] CHANGE_BEFORE_UPDATE

概要

請求書伝票の保存処理前に実行されるBAdIです。請求書保存時にアドオンテーブルへデータを登録する等の使い方ができます。

パラメータ

主なパラメータは請求書伝票ヘッダ(S_RBKP_NEW)と請求書伝票明細(TI_MRMRSEG)です。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
ImportingS_RBKP_NEW請求書伝票ヘッダ: 新規
S_RBKP_OLD請求書伝票ヘッダ: 旧
TI_MRMRSEG請求書伝票明細
TI_MRMRBCO一般転記
TI_MRMRBMA入出庫伝票明細
TI_MRMRBTX請求書税データ
TI_MRMRBVS請求書金額分割
TI_MRMRBWS請求書の源泉徴収税データ
TI_KONV条件

実行タイミング

請求書照合画面(MIRO)で実行されます。
保存ボタン押下時にこのBAdIが実行されます。

サンプルコード

トランザクションコードがMIROの場合のみ実行するBAdIの例です。
汎用モジュールをコールしアドオンテーブルを更新します。
method IF_EX_INVOICE_UPDATE~CHANGE_BEFORE_UPDATE.

* トランザクションコードがMIROの場合
  IF SY-TCODE = 'MIRO'.
*   アドオンテーブル登録
    CALL FUNCTION 'Z_INSERT_ADDON_LIV_TABLE'
      EXPORTING
        IS_RBKP = S_RBKP_NEW
        IT_RSEG = TI_MRMRSEG[].

  ENDIF.

endmethod.
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク