会計伝票OpenFI 項目設定

[OPEN FI] PROCESS 00001120

概要

会計伝票の項目に値を設定する時に実行されるBTE(Open FI)です。
ソートキーやテキスト等の変更が許可された伝票項目を変更することができます。

パラメータ

主なパラメータは会計伝票ヘッダ(T_BKPF)や会計伝票明細(T_BSEG)と変更後の値を設定する会計伝票ヘッダ(T_BKPFSUB)、会計伝票明細(T_BSEGSUB)です。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
インポートI_BKDF繰返伝票ヘッダ
チェンジングI_BKDFSUB繰返伝票ヘッダ 代入
テーブルT_BKPF会計伝票ヘッダ
T_BSEG会計伝票明細
T_BKPFSUB会計伝票ヘッダ 代入
T_BSEGSUB会計伝票明細 代入
T_BSEC会計伝票ワンタイム勘定

実行タイミング

会計伝票転記時に実行されます。

サンプルコード

会計伝票ヘッダのトランザクションコードが「MIRO」の場合に実行されるOpen FIです。
取引先参照キーに他の明細と同じ値を設定します。
FUNCTION Z_OPENFI_PROCESS_00001120.
*"---------------------------------------------------------------------
*"*"Local interface:
*"  IMPORTING
*"    VALUE(I_BKDF) TYPE  BKDF OPTIONAL
*"  TABLES
*"    T_BKPF STRUCTURE  BKPF
*"    T_BSEG STRUCTURE  BSEG
*"    T_BKPFSUB STRUCTURE  BKPF_SUBST
*"    T_BSEGSUB STRUCTURE  BSEG_SUBST
*"    T_BSEC STRUCTURE  BSEC OPTIONAL
*"  CHANGING
*"    REFERENCE(I_BKDFSUB) TYPE  BKDF_SUBST OPTIONAL
*"--------------------------------------------------------------------*

  DATA: LS_BSEG TYPE BSEG,
        LS_BSEGSUB TYPE BSEG_SUBST,
        L_XREF1 TYPE XREF1.

  CLEAR L_XREF1.

* トランザクションコードがMIROの場合
  IF SY-TCODE = 'MIRO'.
    LOOP AT T_BSEG INTO LS_BSEG WHERE XREF1 IS NOT INITIAL.
*     取引先参照キー1を取得
      L_XREF1 = LS_BSEG-L_XREF1.
      EXIT.
    ENDLOOP.

    LOOP AT T_BSEGSUB INTO LS_BSEGSUB WHERE XREF1 IS INITIAL.
*     取引先参照キー1を設定
      LS_BSEGSUB-XREF1 = L_XREF1.
      MODIFY T_BSEGSUB FROM LS_BSEGSUB INDEX SY-TABIX.
    ENDLOOP.
  ENDIF.

ENDFUNCTION
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク