会計伝票OpenFI ボタン無効化

[OPEN FI] P&S 00001140

概要

会計伝票の画面のボタン属性の設定時に実行されるBTE(Open FI)です。会計伝票画面の任意のボタン機能を無効に変更することができます。

パラメータ

主なパラメータは会計伝票ヘッダ(T_EXCTAB)です。このパラメータに無効化したい機能キーを追加します。
パラメータ一覧
種別パラメータ説明
インポートI_PARKED未転記
テーブルT_BKPF会計伝票ヘッダ
T_BSEG会計伝票明細
T_EXCTABOKコード無効化

実行タイミング

会計伝票登録画面で実行されます。
画面表示時にこのOpen FIが実行されます。

サンプルコード

トランザクションコードが「FV50」の場合に実行されるOpen FIです。
画面の転記ボタンを無効化します。
FUNCTION Z_OPENFI_PS_00001140.
*"---------------------------------------------------------------------
*"*"Local interface:
*"  IMPORTING
*"    VALUE(I_PARKED) TYPE  XFELD OPTIONAL
*"  TABLES
*"    T_BKPF STRUCTURE  BKPF
*"    T_BSEG STRUCTURE  BSEG
*"    T_EXCTAB STRUCTURE  EXCLTAB_LINE
*"--------------------------------------------------------------------*

* トランザクションコードがFV50の場合
  IF SY-TCODE = 'FV50'.
*   除外する機能を追加
    T_EXCTAB-OKCOD = 'BU'. " 転記ボタン
    APPEND T_EXCTAB.
  ENDIF.

ENDFUNCTION
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク