仕入先マスタテーブル

仕入先マスタテーブル

概要

仕入先マスタは多くのテーブルから構成されています。主なテーブルは、仕入先マスタ:一般、アドレス、仕入先 会社コード、仕入先 購買組織などです。
テーブル構成
テーブル名テーブル名称説明
LFA1仕入先マスタ: 一般仕入先マスタの一般データ
ADRCアドレス仕入先の名称と住所
LFB1仕入先 会社コード会社コードレベルの仕入先マスタ
LFM1仕入先 購買組織購買組織レベルの仕入先マスタ
LFBK仕入先 銀行データ仕入先の銀行データ

仕入先マスタ: 一般

仕入先マスタ 一般(LFA1)テーブルには、仕入先コードをキーとして仕入先勘定グループ、グループキー、産業分類などの項目があります。

名称や住所はアドレス(ADRC)テーブルに格納されています。
LFA1 の主な項目
仕入先コード仕入先勘定グループアドレスグループキー産業分類得意先コード
VEN000100010000012344C010001CUS0001

アドレス

アドレス(ADRC)には仕入先の名称と住所が格納されています。名称1、名称2、敬称や国、都道府県、市区町村、電話番号などの項目があります。
ADRCの主な項目
アドレス名称1都道府県市区町村電話番号
0000012344○×(株)JP東京都千代田区○○03-XXXX-XXXX

仕入先 会社コード

仕入先 会社コード(LFB1)テーブルには、仕入先コード、会社コードとして統制勘定コード、支払条件、代理受取人などの項目があります。
LFB1の主な項目
仕入先コード会社コード統制勘定コード支払条件代理受取人
VEN000110001223000001
VEN000111001223000001VEN0003

仕入先 購買組織

仕入先 購買組織(LFM1)テーブルには、仕入先コード、購買組織をキーとして購買発注通貨、支払条件などの項目があります。
LFM1の主な項目
仕入先コード購買組織支払条件購買発注通貨確認管理キーERS
VEN000110000001JPY0001X
VEN000111000001JPY0001

仕入先 銀行データ

仕入先 銀行データ(LFBK)テーブルには、仕入先コード、銀行国コード、口座番号をキーとしてパートナ銀行タイプ、口座名義人などの項目があります。
LFBKの主な項目
仕入先コード銀行国コード銀行コード口座番号パートナ銀行タイプ口座名義人
VEN0001JP000100112345670001マルバツ(カ
VEN0001JP000100123456780002マルバツ(カ
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク