トランザクションコード権限

S_TCODE

概要

トランザクションコードの実行可否をチェックする権限オブジェクトです。ユーザがトランザクションを利用するためにはこの権限が必要となります。
実際に各機能を利用するには、トランザクションコード権限以外に伝票やマスタの権限の付与も必要です。

権限項目

権限項目はトランザクションコードのみです。
権限項目一覧
項目名称説明
TCDトランザクションコード使用可能なトランザクションコード

チェックタイミング

メニューやコマンドフィールドからトランザクションコードを実行する場合に自動で権限チェックされます。

CALL TRANSACTION命令など画面ジャンプでの実行時は自動でトランザクションコード権限のチェックはされません。画面ジャンプでのトランザクション実行を制限するには、伝票やマスタの権限オブジェクトの制限をする必要があります。

設定例

受注登録、変更、照会画面のトランザクションコードが実行可能な権限設定の例です。
S_TCODE設定例
権限項目権限設定値
TCDVA01, VA02, VA03
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク