バックグラウンドジョブ操作権限

S_BTCH_JOB

概要

バックグラウンドジョブの操作をチェックする権限オブジェクトです。
この権限を付与することで自分でスケジュールしたジョブをリリースしたり、削除したりすることができます。

権限項目

権限項目はジョブ操作とジョブグループです。

ジョブ操作は、DELE(削除)、LIST(ジョブで登録されたスプール依頼の照会)、PLAN(ジョブのコピーまたは再実行)、PROT(ジョブログ照会)、RELE(ジョブのリリース)、SHOW(ジョブキューの照会)の種類があります。
権限項目一覧
項目名称説明
JOBACTIONジョブ操作削除やリリースなどの種類
JOBGROUPグループごとのジョブサマリジョブグループ

チェックタイミング

SM36やSM37でバックグラウンドジョブを操作する場合にチェックされます。

F110などのユーザが利用する画面からバックグラウンドジョブのスケジュール場合にも権限チェックがされます。ジョブのRELE権限をユーザに付与しない場合は、支払実行などのジョブがリリースされないので注意が必要です。

設定例

ジョブの登録とリリースが可能な権限設定の例です。
S_BTCH_JOB設定例
権限項目権限設定値
JOBACTIONDELE, RELE
JOBGROUP*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Z*

Author:Z*

このブログではSAPの技術情報について解説をしていきます。

2017年:ブログをリニューアルしました。(旧Zの高速道路)

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク